炭酸水で飲むだけ健康生活

炭酸水でおすすめな健康生活

炭酸水

おすすめの炭酸水メーカー!!

更新日:

こんにちは!!

 

今回は、現在多く存在してる炭酸水メーカーの紹介と
私のおすすめの炭酸水メーカーを独断で紹介させていただいています(笑)

きっと15年くらい前から、コンビニエンスストアで炭酸水が販売されているのを良く目にする機会が増えた気がします。年々その種類は増えていて現在では10種類以上
ノンシュガーの味付き?も含めるとかなりのラインナップが出ていると思います。

元々ヨーロッパの方では、天然水=炭酸水が常識で、炭酸水を飲もうとすると
エビアンやボルビックを購入するか、炭酸抜きの天然水と注文しなくてはいけないみたいです。
日本では、アサヒ飲料が販売したペットボトルでの「ウィルキンソン」が初めで
そこからブームになったと一説があります。
更にネット販売のシェアも広がり、ペットボトルを大量に購入する方も増えました。
読んで頂いている方々の中にも現在そういった購入方法をしている方もいらっしゃると思います。お店で購入すると重い思いをしなくてはいけませんからね💦💦
しかし購入した分ゴミが同じ分だけ出てしまうのが悩みなんですよね💦💦

そこで時代が進化をしてくれて、炭酸水を購入する時代から、自宅で作る時代に
変化しています。
現在世界中の家庭で炭酸水を作っている家庭は増えて来ています。
実際我が家でも、5年くらい前に炭酸水メーカを購入して現在に至るまで毎日作り続けています。

これからは私の知る限りの炭酸水メーカーをタイプ別で紹介します。

目次

カートリッジ式orシリンダー式

大きく分けてまずこの2種類のどちらかを絞る必要があると思います。
購入時には、自分の家庭にどちらのタイプが当てはまるか決めてからの方が
間違いのない機種選定が出来ると思います。

カートリッジ式:既定の量の炭酸水を作るときに、専用のカートリッジを1個使用して
炭酸水を作ることが出来ます。

メリット:水以外にも炭酸を入れる事が出来るので、味が薄くなる事なくそのまま
炭酸飲料を作ることが出来る。さらに本体が小さく設計されているので場所を取る事無く収納できる。

デメリット:一回作るごとに1個カートリッジを使用するため、頻繁に作るとなると
炭酸水や炭酸ジュースを購入するのとあまりコストダウンが期待できなくなってしまう。
強炭酸が好みの方は、カートリッジの容量になってしまうので物足りなくなってしまう。

シリンダー式:炭酸ガスシリンダーを本体にセットして、その本体に専用のボトルをセットし炭酸水を作ることが出来ます。

メリット:ガスシリンダー1本約2,000円で60ℓ出来るため、500mlで約18円程度と
ペットボトルも購入するよりもかなりのコストダウンが期待できる。

デメリット:ガスシリンダーが約35㎝でそれを本体にセットする為、本体が大体40cm位になり収納が難しく出しっぱなしになってしまう。機種にもよるが基本は水を炭酸水にすることが目的とされている。

大きく分けてこの2種類が存在します。
カートリッジ式は毎日飲まない方や、炭酸水より炭酸飲料メインの方におすすめです。
一方シリンダー式は、毎日炭酸水を楽しみたい方、飲む以外の炭酸水の使用をお考えの方におすすめです。私は、毎日炭酸水を飲むし、料理や美容にも炭酸水を使用しているため
シリンダー式を選びました。500mlで18円はかなりのコスパなので!!

カートリッジ式

・ツイスパソーダ

       カートリッジ式ではかなりの有名どころ!!
シリンダー式のソーダストリームとツイスパソーダを悩む方が多いみたいです。
使い方はとても簡単。本体にカートリッジをセットして、専用ボトルにクルクル
セットするだけ。その後1分ほど待てば出来上がりです。
最大の特徴は、水を炭酸水にするのは当然ですが、ジュースにそのまま炭酸を入れることが出来ます。もはや原液を炭酸水で薄める必要がありません!!
オリジナルの炭酸飲料の研究とかしたら面白そうですよね♬♬

同時に注意点もあります。
水なら950mlで使用できますが、ジュースの場合、糖分が入っていたり香料などが入っているので、泡立ちやすくなっています。なので950mlでは不可能で半分の720ml程度での使用となります。それでも泡が溢れてしまう場合は、更に減らすといった、経験値が必要な事もあるので注意してください。
色々とツイスパソーダについて調べましたが、公式サイトが見当たりませんでした💦💦
(実はあったらごめんなさい💦)
個人的に心配なので故障の時どこに問い合わせたらよいのか分からなかった部分でした。

価格はネットで様々ですがスターターキットで約7,000円弱~10,000円位です。
スターターキットには本体、専用ボトル、3回分のカートリッジになります。きっと3回分のカートリッジは購入したその日に無くなるので、同時にカートリッジの購入もおすすめです。こちらも金額が様々で一番安くて50本入り3,824円でした。1本当たり約76円になります。ただただ炭酸水を楽しみたい方にとっては、コスト面で心配が出てしまいます。
ただ、オリジナルジュースやカクテルを楽しみたい方には全力でおすすめです!!

・ソーダサイフォン(ステンレスサイホン)

あまり聞きなれない方もいらっしゃる方も居るかもしれないです。
私自身、店頭で実物を見たことはないです💦💦
ソーダサイフォンは日本炭酸瓦斯㈱っていう会社で製造されています。
ん??ん??なんて読むの??って初めに思ってしまいました💦💦
「にほんたんさんガス」って読むみたいです💦💦
瓦斯=ガスって勉強になりますよね(笑)

あまり知られていないのには理由があって、一つは最初に言った店頭で中々見かけないという事、もう一つは、会社自体が、家庭向けの炭酸水メーカーの他に、医療機器、ガス容器、防災関係など幅広い商品を取り扱っていることから中々知られていないのかなと思います。
しかし、機能は他の炭酸水メーカーと引けを取ることはないですよ!!
私の知る中で各メーカー中おそらく一番炭酸が抜けにくいボトルとなっています!!
炭酸水や炭酸ドリンクって、飲み残した時の次に飲むのに最初の爽快感は必ず失われてしまうんですよね💦💦
それは当たり前って思っている方もいらっしゃると思いますが、日本炭酸瓦斯製のソーダサイフォンは驚くほど炭酸が抜けないです!!
実際の炭酸水の作り方は本体に、水を入れて、蓋をします。そこにカートリッジをねじ込むようにクルクル入れていって炭酸がボトルの中にシューっと入っていくのを待ちます。
そのまま音が消えたら、優しく上下に本体ごと振ってあげたら出来上がりです。
他の炭酸水メーカーと比べると少々ステップは多いですが、慣れるととても簡単みたいです。また今日炭酸が好みの方は、水の量を少なくしてやると強炭酸でより良い爽快感が得られると思います。
出来上がった炭酸水は二についているレバーを引くと炭酸水が出てくる仕組みになっています。このレバーを引くと炭酸水が出てくるというのが、抜けない仕組みになっていて
他メーカーだと、蓋を開けて炭酸水を注ぐ感じですが、ソーダサイフォンは必要な分だけ
最低限に注げるのでとても密閉度が高いです。その密閉度の高さから本体を横にして
冷蔵庫に保冷しても水漏れしない程です。
本体価格、10,000円から17,000円
カートリッジ価格、1本当たり約80円~約100円
価格に幅がありますが、サイトに寄るのと、様々なメーカーがソーダサイフォンを出しているので価格に差が出ています。今回は日本炭酸瓦斯さんのソーダサイフォンをピックアップさせていただきました。

・ソーダスパークル

手軽に炭酸水を作ることが出来る「カートリッジ式」。
その中の一つの「ソーダスパークル」ですが最大の魅力はその価格!!
上の「ツイスパソーダ」「ソーダサイフォン」は本体価格約1万円位ですが
このソーダスパークルは本体価格約6,000円。
初期投資価格が断然格安です。カートリッジの価格はさほど差はありませんが💦💦

使い方に大きな違いはなく
・専用ボトル(センスあり)の冷たい水を入れる
・本体にカートリッジをセットする
・専用ボトルと本体を一気に(コツです)ねじ込む
・音が収まったら、10回くらい優しく上下に振る。

カートリッジ式ですと大体このステップで炭酸水を作ることが出来ます。
また、このソーダスパークルは「水」専用なのでご注意ください。
またまた、カートリッジの形状は全て似ていて、どの炭酸水メーカにも入りそうですが
メーカーは専用のカートリッジを使用してくださいと書いてあります。
ぶっちゃけ使えちゃいそうな気がしますけど💦💦
怖くて使ったことが無いです(笑)

シリンダー式

・ドリンクメイト

シリンダー式と聞いてピンと来ない方もいらっしゃるかもしれません。
シリンダー式とは、カートリッジ式が毎回一本使うのに対して、カートリッジ式は
一度シリンダーをセットしたら約60ℓ作るまでそのままです。
また大きな違いが、本体の大きさです、カートリッジ式は本体の大きさが小さく
作るときだけ、専用ボトルにセットする方法でしたが、シリンダー式は本体に専用ボトルを
セットします。なのでずっと本体がキッチンなどに存在することになります。
個人的には、本体がおしゃれだし、デザインがスリムなので、全然気にならないです(笑)

さてさて、今回の「ドリンクメイト」ですが
そのシリンダー式に分ける事が出来ます。
本体の大きさは大体、高さ45cm×奥行き20cm×幅15cm位です。
キッチンの隙間に奥にはちょうど良い大きさかもしれないですね。ドリンクメイトの特徴としては、この後紹介する「ソーダストリーム」にはない機能として、炭酸水だけではなく
注意点がありますがジュースにそのまま炭酸を入れることが出来ます。
炭酸水や炭酸飲料を広く楽しみたい方にはドリンクメイトがおすすめです。
さっきの注意点ていうのが、炭酸飲料にする量です。単純に水を炭酸水にしようとする場合
850ml出来るんですが、ジュース(砂糖が入ってる)などの場合、吹きこぼれてしまう為
300ml~350mlくらいにする必要があります。ただ自宅でノン炭酸ジュースを炭酸ジュースにしたり、ワインをスパークリングにしたりって楽しいですよね。

実際の炭酸水を作る工程ですが、少々工程が多くなってしまっています💦💦
① 本体裏にガスシリンダーをセット(60ℓ分)
② 専用ボトルに水orジュースを規定量入れて専用の蓋をする
③ 専用ボトルを本体にセット(スライドするだけで簡単)
④ 本体上部のボタンを数回プッシュ!!
⑤ 本体が余分なガスを出し切るまで待つ
⑥ 本体から専用ボトルを取り外して更に余分な炭酸ガスを抜く
⑦ 専用の蓋を外して保存用の蓋をして冷蔵庫で保冷。
以上、簡単にまとめて7ステップになってしまいます。この中の炭酸ガスを抜く動作が
地味に長くなってしまうのが大変かもしれません💦💦
本体の価格はシリーズとデザインによって全然変わりますが
約10,000円~23,000円位の間です。また定期的(約60ℓ)で交換する炭酸ボンベは
約3,700円になります。初期投資はかかってしまいますが、ランニングコストで考えると
カートリッジ式は約1ℓ70円に対してドリンクメイトは1ℓ約50円程度になるので
飲むほどお得になっていくと思います。
おすすめ層は、炭酸飲料を幅広く楽しみたい方、普段あまり強炭酸を飲まない方にぜひ
おすすめな「ドリンクメイト」です。

・ソーダストリーム

最後になりました!!


「ソーダストリーム」最後にしたのは理由があります!!
私自身、色々調べてみて、使ってみて、一番おすすめなのがこのソーダストリームです。
おすすめユーザー様は、強炭酸が好きな人、毎日炭酸水を飲む方、飲む以外でも炭酸水を楽しみたい方におすすめです。
私は、強炭酸を毎日飲みたいので、ソーダストリームに出会ってからとても良かったです♬

おすすめポイントの1つは、ランニングコストのコスパがハンパない!!
500mlで18円!!です。店頭で売っている炭酸水でここまで安いの見たことありますか?
って実際に見つけたら逆に怪しいかもしれないですよね(笑)

もう一つはでゼイン製のすばらしさ!!
これはかなりの個人的な意見満載ですが(笑)
私的にぜひキッチンに置きたいデザインでした!!
あの月9の「シャーロック」の岩ちゃんのキッチンにもソーダストリームが置いてあったくらいおしゃれなんですよ!!

さらにもう一個は、公式サイトに登録で本体をはじめ、定期的に購入する「炭酸ガス」
も安く購入することが出来て自宅にいるだけで届けてくれるので、もぅ重い思いをして
炭酸水や炭酸ガスを持って帰る必要がない事です。
登録は下記のサイトから簡単に出来るので、登録だけでもしておくととっても便利ですよ。

使い方は、ドリンクメイトに似ていますが炭酸水が出来るまでの時間とステップが
楽になっています。
① 本体に炭酸ガスシリンダーをセット
② 水の入った専用ボトルを本体にセット
③ 炭酸ボタンを押す
④ 専用ボトルを本体から取り外して出来上がり
以上です!!

余分な炭酸を抜く作業が無い分時短ですし、小さなお子様でも出来る内容になっています。
我が家では小学4年生の娘が日課になって毎日作ってくれています。
強炭酸が好みの私に合わせて、最高の強炭酸水を作ってくれるんですよね♬
それを毎日飲んだり、お酒で割ったり、カルピスをソーダにしたりして楽しんでいます。
ソーダストリームが販売している原液もありますので、興味のある方はぜひ一度お試しくださいな。
本体のラインナップも豊富で、出来る炭酸水に大きな差はありませんが、デザインや機能に違いがあります。
大きく分けて4種類あります。

ジェネシスシリーズ



一番オーソドックスなシリーズになります。見たことのある方も多いかもしれないですね。
色は白、赤、黒の3種類。大きさは約縦45cm×横10cm×奥行き15cmと丁度良い隙間に入る大きさです。このシリーズのみ専用ボトルを本体にセットする時、ねじ込み式になります。といっても特に大きなストレスはなく3~4周でセットできるので特に問題は無いかと思います。
価格も一番安価で12,000円になります。この価格で本体、ガスシリンダー、専用ボトル1ℓ、専用ボトル500mlと豊富なセットになるのでおすすめなモデルです。
特に公式サイトのスターターキットでの500mlの専用ボトルは別で買うと1,500円位するのがおまけで付いてくるのでうれしい限りです。おそらく店頭でソーダストリームを購入した人は大体この500mlボトルを別で購入していると思います。持ち運びにとっても便利なので必要アイテムになってくると思うので、ぜひスターターセットで手に入れてください。

スピリットシリーズ



ジェネシスシリーズの上位モデルになります。デザイン的には見てもお分かりいただけるように、スタイリッシュなジェネシスと比べて
ポップなデザインになっています。全体的にま~るいのが可愛いですよね♬♬
大きさに特に変化はありませんが、このシリーズから専用ボトルを本体にセットする際
「スナップロック」と言って片手でより簡単に装着できるようになりました。
ジェネシスはねじ込み式に対して、スナップロックは付けて倒すだけなのでとても楽に
セットが出来ます。
スピリットシリーズも同じく公式サイトでの購入だと、500mlの専用ボトルがおまけされるのでとてもお得となります。
本体価格は14,000円です。2,000円プラスなので見た目で気に入った方を
選ぶのもありですよね♬

ソースシリーズ



重厚感、高級感で言うと最高級モデルです。上の2シリーズの全ての機能を網羅した上に
プラダの香水ボトルをデザインしているイヴ・ベアールさんとの共同開発モデルです。
プーマのシューズバックなどのデザインを手がけた人としても有名な人です。

そんな世界的な人物が、オファーをOKしてくれたってだけでも、ソーダストリームのレベルの高さが図れますよね♬
レベルの高さと高級感というところで言うとこのモデルから、LEDで炭酸の強さを選べるようになります。上の2シリーズだと自分の感覚に頼って強さを決めたりする部分もあるのですが、ソースシリーズは炭酸水を作る工程で現在どのくらいの強さ化を知ることが出来ます。「ソーダストリーム」では炭酸水を作った後、余分な炭酸ガスを抜くのですが、感覚に頼って強炭酸を作ろうとすると、かなりの炭酸ガスを抜くはめになります💦💦
しかしこのソースシリーズでは炭酸の強さをLEDでお知らせしてくれるので、無駄な炭酸ガスの抜けを防ぐことが出来ます。1本のガスシリンダーで約60ℓ(普通の強さ)となっているので、無駄を省くのはかなりの重要事項になります!!
私の使っているソーダストリームはこのソースシリーズではないので経験に任せて
作るので結構無駄な炭酸を使っているかもしれません💦💦
また、重厚感という所では、見た目のデザインが長方形で安定感がある為、大きさが他のシリーズとあまり変わらないのに、しっかりとした存在感のあるデザインになっています。
キッチンの一番目立つ所にデーン!!ト置きたくなりますよね。
部屋の雰囲気に合わせて、赤、白、黒の3色から選ぶことが出来るのもうれしいですよね。
価格は19,000円となります。もちろんおまけの500mlの専用ボトルが付属されているので
とてもお買い得な内容で安心してください。

全自動シリーズ



ソーダストリームシリーズで最高級品のご紹介です。
セットまでは自分ですることになりますが、ボタンを押すだけで、その後の炭酸ガス注入
ガス抜きまで全自動で行ってくれます。簡単に言うと、セットして取り外しだけの動作で終わりです!!
しかも本体の大きさはほとんど変わる事無く、機能だけ最高級品に進化した感じです!!
見た目は、ソースシリーズと変わらないのに凄いっすよね♬
たった一つの注意点は、コンセントが必要という事です。
全自動で、炭酸ガスを注入する、ガス抜きをするという動作に電気の力が必要みたいです。
なので見た目がほとんど同じでも置く場所が限られるので購入時は注意してくださいね♬
ソーダストリームが販売した当初はこの全自動モデルはラインナップにありませんでした。
現在で最新のシリーズとなりますが、個人的にこれ以上の機能が想像できません。
大きなデザイン変更でもない限りずっとこのままで行くのではないかなって思います。
この安定したデザイン、重厚感は変わる事のない唯一無二だと思います。
価格は29,000円です。もちろんもちろん500mlの専用ボトルが付いてますよ♬

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。
ここまでの「カートリッジ式」「シリンダー式」の2種類を紹介させていただきました。
カートリッジ式は、一回の炭酸水の生成に1個カートリッジを消費する代わりに、
炭酸水を作るだけではなく、ジュースを炭酸ジュースにすることが出来るし
本体がとてもコンパクトな作りな為収納する所に困りません。
家族で好みが異なる方や毎日ではなく、1週間に何回か飲む方おすすめなタイプです。

一方「ガスシリンダー式」はタイプによっては、ジュースを炭酸ジュースにすることが出来ますが、出来る量が激減してしまうため、あまりおすすめできません。
しかし、一回の炭酸水をつくるコストが500mlで約18円~と驚異的なランニングコストとなっています。なので、毎日炭酸水を習慣として楽しみたい方、健康飲料として
炭酸水を取り入れたい方にぜひおすすめです。



また、炭酸水を18円で作れるのなら、ぜひおすすめしたい炭酸水のいろんな可能性
についてもご紹介させてください。
炭酸水には、
別サイトでも詳しくまとめていますので、覗いてみてください。

http://炭酸水飲むだけじゃ物足りない料理編

http://炭酸水飲むだけじゃ物足りない美容編

http://炭酸水飲むだけじゃ物足りない生活編

数年前から、天然水と同じくらい炭酸水のラインナップが揃う程、皆さんの生活の一部として欠かせない飲み物となってきています。
そして今や、炭酸水は買う時代から、自宅で限りなく安く作る時代へと変化しています。
とても便利なペットボトルですが、過剰な使用はエコの面からもマイナスになってしまいます。我が家では5年くらい前からソーダストリームに切り替えてから、炭酸水を買う事が無くなりペットボトルの消費が激減しました。
個人的には、分別する手間から解放されてめちゃくちゃ救われてます(笑)

きっと人それぞれ色々な使い方があると思います。
カートリッジ式orシリンダー式どっちも楽しい炭酸水生活を過ごせると思います。
ぜひぜひご自宅の生活リズムにあった炭酸水メーカーを選んでみてください。

 



-炭酸水

Copyright© 炭酸水でおすすめな健康生活 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.